【8/19さらに追記】Pixivの地雷こと「関連作品」を非表示にする方法

※8/19さらに追記Stylishと同等の機能を持つExtensionとしてStylus(Chrome用, Firefox用)というのがリリースされています。Stylishで作成したユーザースタイルを丸ごとインポートすることも可能です。あくまでも自己責任になりますが、使用をご検討されてもよいかと思います。

※7/28追記:遅まきながらStylishが非常に危険なアドオンであることを知りました(参考記事)下記記事内容の実践はお控えになることを強く推奨いたします。

 

 Pixivには「関連作品」という機能があります。
 個別のイラストを表示すると、そのイラストを見た人が好きそうな別のイラストをおすすめしてくる機能です。レコメンドなので「関連」は語弊がありますが、そのへんはPixivクオリティですね。


 ただ、この関連作品で、自分が見たくないイラスト(のサムネ)を強制的に見せられるということもあるのではないでしょうか。キャラクターA×キャラクターBのキャップリングイラストを見ていたのに、B×Aのイラストがレコメンドされるとか。
 関連作品を全否定するわけではありませんが、オフにできないのは不便だと感じます。


 そこで、関連作品を非表示にする方法を試してみた結果、手元の環境では成功したのでここにメモします。


1)ブラウザはChromeを使う ※Chorme用拡張機能が動作するブラウザなら大丈夫かも。Ironはイケました。
2)「Stylish」という拡張機能をインストールする


 Stylishを使ってPixivの様々な要素を非表示にする方法は、いろんなブログで紹介されています。
 今回わたしが参考にしたのは、下記ブログ様の記事です。


【メモ】Stylishを使用してpixivのブックマーク数やいいね数を非表示にする設定

 

 と、若干脱線しましたが手順の解説に戻ります。


3)ブラウザ右上に表示されているStylishのアイコンを右クリックしてメニューを表示し、「オプション」を選択

f:id:half_moon:20180606032859p:plain


4)「新しいスタイルを作成」をクリック

f:id:half_moon:20180606032016p:plain


5)以下のように入力し、保存します(入力項目と内容は画像もご参照のこと)。

名前 ※なんでもいいです
コード1(右のコードを丸コピペしてください) .aw29wyY{display:none;}
適用先 「次で始まるURL」「https://www.pixiv.net/

f:id:half_moon:20180606032037p:plain

 

6)Pixivで個別のイラスト(ランキング上位に入ってるやつとかおすすめ)を表示してください。「関連作品」の文字の下に何も表示されなければ成功です。


 やり方としては、上記ブログ様の記事にあるように、「クラス名を調べて」「そのクラス名を{display:none;}で非表示にする」です。
 クラス名の調べ方は、Chromeの開発者ツールを使います。
 本記事執筆時点では、関連作品のクラス名は「aw29wyY」です。

f:id:half_moon:20180606032420p:plain


 なおPixivは仕様変更が頻繁に起きるので、上記クラス名は今後変更される可能性があります。
 その際は再度クラス名を調べて、「コード1」を書き換えればいいはずです。


 以上、ご参考まで。

※なにか致命的に間違っていたらこっそり教えてくださるとありがたいです。