「ときめきアイドル」ファーストインプレッション

 ​気づいたら「ときめきアイドル」の配信が始まっていたので、2〜3時間ほど遊んでみました。というわけで、メモ書き程度ですが感想を書きます。

 

 まずシステムですが、既存のアイドルゲーをよく研究してるなあというのが第一印象。ホーム画面のUIとかはデレステ、場所移動と3Dで表現された舞台はミリシタと、いいとこどりをしています。VRは対応機器を持ってないので評価不能です。

 

 動作はかなりサクサクしてまして、そこでストレスを感じることはないです。そこは評価できます(※プレイ端末はiPhone 6S Plusです。割と古い)。アプリインストール後の初回データダウンロードこそ長くてビビりましたが、FGOのようにサーバーに繋がらないとかいうのではなく単純にデータ量が多いだけのようです。

 

 リズムゲーとしては、判定は優しめに設定されてるのではないかと。ガルパの広い判定に慣れた自分でもハードフルコンできるくらいなので。PerfectとGreatの判定も甘めに感じます。ただ、自分は今のところロングノーツ?がダメダメです。まあコツがあるのだと思いますが。

 

 曲数ははっきり言って少ないです。まあアイマス系と違って曲資産があるわけではないのでやむを得ないと思いますが、序盤は2、3曲しか選べません。レベル上げると曲が順次解放されるのですが、Lv30とかいう曲もあって、そこまでたどり着くのは大変なのではないかと……

 

 ちなみに「ときめき」シリーズとなれば、シリーズの曲の実装に期待したいところですが、今んとこ「二人の時」しかないのは拍子抜け感あります。なぜ「もっと! モット! ときめき」をカバーさせてないのか……往年のコナミファン的には「Twin Memories」は嬉しいけど「ダダンダーン」は果たして必要だったのか?

 

 ストーリー。序盤見た限りでは良くあるギャルゲーという感じで、あまり魅力を感じません。ガルパの圧倒的なキャラクター内面の掘り下げ&絶妙なストーリー構成あたりと比べると、だいぶ分が悪いです。でもデレステも序盤のコミュはぶっちゃけ面白くなかったので、そんなもんなのかもしれない。

 

 キャラクター。2Dのデザインは絵柄に若干クセがあるので好き嫌い分かれると思うんですが、3Dモデルはとても出来が良いと思います。もしかしたら3Dのほうが可愛いかもしれない。このゲーム、3Dモデルを着せ替えたり好きな角度から眺めたりできるのですが、片桐奈々菜さんの体操着はエロくて素晴らしいです。ただ、写真撮影機能もあるんですが、全アングルから写真取れるわけではないのと、何より背景が壁紙ロールなのに涙しました。そんなところはリアルにならなくてもいい。

 

 ガチャについて。序盤はいわゆる「石」が結構もらえて、しかもそれで10連するとあっさりSSR出たりするので、課金する必要が今のところありません。というかSRは割と出るので、R以上確定チケットの存在意義がないような気がいたします。言うまでもないですが、チュートリアル終わって無料石が2500溜まったら速攻10連しましょう。初期の低レアメンバーで頑張る必要ないです。

 

 まとめとしては、サービスイン直後で今後の更新ペースが分からないのはアレだけど、素体としてはそれなりに良くできてるという感じでしょうか。

 

 私は旧作ファンとして当然ながら片桐奈々菜さんを推してますが、詩織とか関係者をバシバシ出していって旧作ファンにアピるほうがいいのではと思います。新キャラでアイドルゲーやりますと言われても旧作ファン的にはピンと来ないわけで……。

 

 キャストに可愛い声優さんを揃えているので、おそらくライブとか展開していくのではと思いますが、それで他の音ゲーから新規にファンを奪えるかどうか……ちょっとまだ分からないですね。