2017年8月現在のわたし

 放置っぷり甚だしい本ブログですが、何故唐突に更新したかというと、はてなブログの自動メールで1年前に書いた記事というのが来まして、読んでみたらあまりに病んでいて自分でも笑ってしまったからです。

 

 改めましてここ数年のわたしのリアルを振り返りますと、

 

 フリーライターで食えなくなったのでハロワで見つけた職場に入ったら瞬間湯沸かし機能付き中国人社長が支配するブラック企業だった

 社長と険悪になったので退職し、インターネットバイト情報サイトで見つけた某携帯電話のサポセンの仕事を始める(子会社にサポセン業務をやらせるよくあるやつです)

 超過重労働(たぶん一生で一番働いた。なにしろ仕事の量が多すぎてやってもやっても終わらない)と、気分屋の上司による度重なるパワハラで順調に病みつつ、転職活動すらする気になれず2年弱働いた結果、部署で5本の指に入るくらいに仕事できるようになってた

 これならもうちょっとマシな仕事があるのではと考え、転職活動を開始。めでたく仕事が見つかる

 が、3ヶ月めにして「取れると思っていた仕事が取れなくなったので君を雇う金が無い。よってクビ」と戦力外通告。日本のSIerの闇を垣間見る

 急遽始めた就職活動の結果、N●T系列のサポセンに就職。N●Tの闇と、誰でも一定品質の仕事ができるように極限まで仕事のマニュアル化を推し進めた結果、オペレーターを管理することが目的になるという逆転現象を見る

 運良く今の仕事が見つかる

 

 って感じです。我ながら酷いですね。なお今の職場については以前に軽くブログにしているのですが、今改めて見ると言うほどいい職場でもなかったです。
 つか正社員と非正規雇用の差が激しすぎてマジ萎えます。俺、正社員の一部より数倍仕事してるんだけど……。

 

 FGOにハマったのはちょうど今の職場で別の壁にぶち当たっていた頃なのですが、8ヶ月ほどやって思うのは、このゲームで褒められるのって、

(1)第五特異点以降のメインストーリーおよびCCCコラボのストーリー

(2)キャラの魅力

(3)キャラを育成するのに他のキャラを合成しなくてよい

(4)ガチャでピックアップがそこそこ仕事をする(アイギスは全く仕事しないので)

くらいしかないです。ゲームシステムも良く出来てるところはありますが、それ以上にゲームバランスがクソすぎて、ゲームとしては辛みしかない。制作者に言わせると、FGOは「限られたリソースで誰に愛を注ぐのかが重要なゲーム」らしいですが、ガチャでキャラちらつかせて大枚叩かせつつその中の一部しか育成させないってどんだけ外道やねん。ゲーム内のセリフに「生命とは苦しみを積み上げる巡礼だ」ってあるんですが、FGO自体が巡礼だと思いますね。

 

 とまあそんな感じなんですけど、最近は生きる目的を見いだせないというか、老害がやらかすのを見ては自分もああなるのかという絶望感がすごくて、せめて働いてるうちに死にたいなあっていう気持ちしか無いです。