はてなブログでGoogle AdSense承認を得るまでの道程(2016年11月版)

はてなブログ AdSense」でググると色んな記事が出てくるのですが、古い記事だと今(当記事執筆時点の2016年11月)では使えなかったりするので、自分がやってみてこれだけ必要だったよっていうのをまとめてみたいと思います。

 

ドメインをとる

 AdSenseに申請する、つまり「うちのウェブサイトに広告貼らせてください!」というためには、独自ドメインを取得する必要があります。うちの例でいうと、「ranorefu.hateblo.jp」では申請NGで、「ralf-halfmoon.com」で申請する必要があるということです。

 独自ドメインドメイン屋から利用権を買います。うちはお名前.comで取得しました。お名前.comは良心的なドメイン屋だと思うのですが、メルマガオフにしてもガンガンメール送ってくるのは意味が分かりませんね。まあフィルタリングで全部消すんですが。

有料プランに変える

 ドメインを取ったら自分のブログ(またはウェブサイト)とドメインを紐付ける必要が有るのですが、はてなブログ無料版にはその機能がありません。つまりこの時点で、はてなブログを有料化する必要があるということです。

ドメインはてなブログに設定する

 設定変更ははてなブログ側とドメイン屋(うちの場合はお名前.com)の双方で設定する必要があります。

 はてなブログ側:設定→詳細設定→「独自ドメイン」の欄に取得したドメイン名を入力。はてなブログでは取得したドメイン名をそのまま使用することを推奨していないので、サブドメイン(うちの場合はblog.ralf-halfmoon.com)を適当に考えて、それを入力する。

 ドメイン屋側:オプション設定→URL転送設定→転送元URLと転送先URLを入力(お名前.comの場合。やり方はドメイン業者により異なる)

Google AdSenseの審査に出す

  独自ドメインを取ったらGoogle AdSenseに申請します。このときGoogleアカウントでログインすることになるので、持ってない場合はご用意ください。

アカウントがいじれるようになる

  ブログがGoogleにクロールされると(申請から体感で2日位)、AdSenseにログインできるようになります。広告ユニットを作成したりそのコードを取得することはできますが、それをブログに貼ってもまだ広告は表示されません。

アカウント承認のメールが来る→広告表示開始

 アカウントがいじれるようになって数日後(3週間くらいかかるかも)に、Google様から「お客様のサイトが AdSense に接続されました」的な件名のメールが来ます。これがゴールです。このメールが来てようやく、広告が表示されるようになります。 

 

 ちなみになぜAdSenseの広告など当ブログに貼っているかと言いますと、理由は至極単純で、勉強のためです。自分で使ってみないと分からないという、ただそれだけでございます。

 拝金主義に走りやがって! と思われたら、それはとんだ誤解です。大手サイトならともかく、こんな泡沫ブログでは広告が表示されても収入など雀の涙レベルにしかなりませんし(エロゲ論壇で暴れているとき、あるいはコスプレ写真ブログの絶頂期にAdSense導入しとけばよかったなと密かに思っているのは内緒だ)、ドメイン取ったりはてなブログ有料プランにしたりするのでむしろ赤字です。というかはてなブログ有料プランがダイアリーに比べて高すぎなんですけど……。

 広告表示が鬱陶しいというかたには非常に申し訳ないのですが、まん●王国とコミック●ーモアはブロックしているので、それだけは大丈夫です。自分もあれ苦手なんで……。過激描写自体は否定しませんが、それは見たい人だけに見せるべきであって、広告みたいに誰もが見られるようにするものじゃないと個人的には思うんですけどね。あのへんの業者さんは違うお考えなのでしょう。

 

 わたくしもつい最近勉強して初めて知ったのですが、Googleが配信する広告、あれってウェブサイト所有者(媒体)が選んで出しているわけではないんですよね。ウェブサイト所有者は、広告枠を売りに出しているだけです。で、多数の広告枠をまとめているネットワーク(専門用語的にいうとSSP=Supply-Side Platform)があって、広告枠をまとめて売りに出している。

 そして媒体側をネットワークが束ねているように、広告主の側にもネットワークがあります。従来の広告の形ですと、広告主が代理店を介して特定の広告枠を購入していたわけですが(いわゆる純広告)、現在では、広告主はネットワーク(専門用語的にいうとDSP=Demand-Side Platform)を使って広告枠を自動的に購入します。購入はオークション形式です。

 つまり、ウェブ広告が表示されるまでの間には、

 

ユーザーがウェブサイトにアクセスする

「このウェブサイトに30代男性のアニオタユーザー(※Cookieをオフにしてるとこれらの属性情報は流れない)がアクセスしたやで」という情報がネットワークに流れる

そのウェブサイトに自分の広告を表示させたいという広告主がオークションに入札する(自動)

オークションで勝った広告主の広告がウェブサイトに表示される

 

 というプロセスが起きているわけですね。この間ゼロコンマ数秒とからしいので、おっさん的には「東京大学物語かよ!」というツッコミのひとつもいれたくなるわけですが。

 Google AdWordsGoogle AdSenseが有名かと思うのですが、AdWordsは広告を出す人、AdSenseはウェブサイトの持ち主=広告を出してもらう人のためのツールです。

 ウェブ広告については他にも解説しているウェブサイトがいくらでもあると思うので、それらをご参照ください。